Lineスタンプ

中国語LINEスタンプの審査が遂に承認されました 審査にかかった期間はリジェクトなしなのに1ヶ月以上

投稿日:

ようやく自作のLINEスタンプが承認されました

今日の午後、ようやく自作のLINEスタンプが承認されました。

今回審査を通ったのがこちらのLINEスタンプです。

中国語を勉強する日本人向けのLINEスタンプです。

ちなみに興味ある人はこちらから全てのスタンプを見ることができます。(宣伝です。ごめんなさい。笑)

 

実は私がLINEスタンプを作ったのは、今回が初めてではありませんでした。

今回は私にとって2回目のLINEスタンプ製作でした。

 

初めてLINEスタンプの審査をした際にはリジェクトされてしまいましたが、今回はリジェクトなしで審査を通過しました。

しかし、リジェクトなしにも関わらず、承認されるまでにかなりの期間がかかったので、そのことについて書いていきます。

 

審査にかかった期間はなんと1ヶ月以上

この中国語の棒人間スタンプを作り終わったのが2017年の9月の終わりです。

そして、10月1日に審査に出しました。

 

初めてLINEスタンプを作った際には、数日で審査待ちから審査中に変わりましたが、今回は審査待ちから審査中に変わるまでになんと15日ほどかかりました。

本当に"为什么?(なぜ?)"状態でした。笑

さらに審査中になってから承認になるまでに約1ヶ月かかりました。

この1ヶ月は本当に"受不了(ムリ)"状態でした。笑

一生審査が終わらないのかとさえ思いました。笑

ですが、もちろん一生審査が終わらないなんてことはありません。今回こうして無事に審査が終わったので一安心です!

 

なぜ審査に1ヶ月以上もかかってしまったのか

前回LINEスタンプを作った際には、リジェクト等も含めて20日ほどでした。

一方、今回はリジェクトをされていないにも関わらず、1ヶ月半ほどかかりました。

 

その理由として、考えられるのが二つあります。

まず一つ目がスタンプの個数です。

前回は24個セットのスタンプでしたが、今回作ったスタンプは40個セットです。

単純に数が倍近くになっているので、その分審査にかかる期間が長引いたかもしれません。

 

二つ目の理由として考えられるのが、中国語です。

今回作ったスタンプは見てもらったら分かる通り、基本的に中国語を用いて作成しました。

(一部日本語も混ざっていますが。)

もしかしたら、それが審査が長引いた原因の一つになったかもしれません。

 

また、これはあまり関係ないと思いますが、このスタンプの販売国は台湾と香港以外の国全てです。

台湾と香港を除いた理由としては、台湾と香港の漢字(繁体字)と今回使った漢字(簡体字)が違うからです。

台湾と香港に関しては、今回のスタンプの繁体字バージョンを作って販売しようと考えています。

 

と、少し話が脱線してしまいましたが、とにかく中国語のLINEスタンプの審査には1ヶ月半もかかってしまいました。

が、取り敢えず審査に承認されたので、今日から販売を開始することができました!

長く待った分嬉しさは倍増です!!

もし私の作った中国語のLINEスタンプに興味ある方や、中国語を勉強している方などがいれば、ぜひ見てみてください!

https://gyazo.com/2f811c8bfcf613f0d596c3a0506976e8

(完全に宣伝です!笑)

また今後も機会があればLINEスタンプを作っていきたいです!

-Lineスタンプ

Copyright© 京都の独学プログラマー , 2018 AllRights Reserved.