私のプログラミング勉強記録

プログラミング独学記録 1ヶ月目 Ruby on Railsの勉強を開始!

更新日:

プログラミング独学記録始めます!

こんにちは!

そして初めまして!

さっそくですが、プログラミングの独学記録を今後毎月書いていこうと思っています。

 

私はこの8月の初旬頃からプログラミングを独学で学ぶことに決めました。

なぜプログラミングを勉強することにしたのかについてですが、将来的にプログラミングを用いて仕事をしてみたいという思いと、自分で何かWebサービスを生み出してみたいと思ったからです。

 

プログラミングの独学を始めた私の簡単なプロフィール

プログラミングの独学記録を書いていく前に、私の簡単なプロフィールを書いていきたいと思います。

 

まず最初に、私は文系出身です。

なので、プログラミングというものに触れたことはほとんどありません。

しかし、プログラミング自体には大学時代から興味を持っており、HTMLとCSSに関しては一度自分で学んだことがあります。

(HTMLとCSSはプログラミングとは言わないかもしれませんが。笑)

 

また、大学時代にはPythonというプログラミング言語に興味があり、「Pythonスタートブック」という本を一度読んだことがあります。

もちろんその本を一回読んだだけでPythonの勉強は終わりました。笑

しかし、そのおかげでプログラミングの超初歩的な部分は触れたことがある状態です。

 

また、大学時代の暇なときに、Ruby on Railsを勉強するためにオンラインスクールに申し込んだこともあります。

結果は、数万円をドブに捨ててしまうような形になってしまいました。笑

というのも、イマイチ何をしているのか分からず、また特に作りたいものや目的もなかったため、勉強に身が入りませんでした。

その結果なんとなくRuby on RailsではMVCというものが重要なんだな、というのは理解できたものの、それ以外は何も身につきませんでした。笑

 

まとめると、

・HTMLとCSSはどうにか読んだり書いたりできる

・プログラミングの超初歩の本を一冊読んだことがある

・RUby on  Railsにほんの少しだけ触れたことがあるが、意味不明

これがプログラミングの独学を開始する時点の私のプロフィールです。

 

 

プログラミング独学 1ヶ月目に行ったこと

それではここからは実際に1ヶ月目に行ったことを記録していきます。

 

この1ヶ月は、ProgateというWebサービスを使って、Ruby on Railsの基礎について学びました。

Ruby on Railsを選んだのは、手っ取り早く形にできそうと思ったからです。

(なぜRuby on Railsを選んだかについての詳しい理由はこちらに書いています。)

 

この1ヶ月はProgate以外のことはやっていません。

Progateではいくつかのプログラミング言語の基礎の部分を学ぶことができるのですが、私はRuby on Railsの部分のみをやりました。

実際にTwitterのようなWebサービスを作りながらRuby on Railsのことを学べました。

 

Progateではまず最初にスライドを見て勉強し、その後実際に手を動かしてプログラミングをしていくというスタイルでしたが、

スライドはすごく分かりやすく、さらに実際に自分で手を動かしてものを作っていくのは非常に楽しかったです。

Progateで学んだことがどれぐらい役に立つのかはまだ分かりませんが、とにかくRailsの基礎の部分を学べたと思います。

(ちなみにProgateを使った感想はこちらに書いています。)

 

以上が1ヶ月目で学んだことです。

 

今後学んでいきたいこと

Progateを使ってRuby on Railsの基礎を学びましたが、まだ自分一人でRailsを使ってWebアプリケーションを作るにはほど遠い感じなので、来月もRuby on Railsの基礎をもう少し学んでいく予定です。

 

来月は何か一冊Railsに関する本を買って、それをやり込んでいきたいです!

-私のプログラミング勉強記録

Copyright© 京都の独学プログラマー , 2018 AllRights Reserved.