vue.js

「Vue.js と Firebase で作るミニ Web サービス」をやってみました。

投稿日:

こんにちは。じゅんです。

最近はVueの勉強をしているのですが、ツイッターでフォローさせていただいている方がvueの本を出していたのでそれを早速読んでみました。

「初めてのサーバーレスシングルアプリケーション Vue.js と Firebase で作るミニ Web サービス」という本です。

本と言ってもPDFで50ページほどの量でした。

 

この本はその名の通り、VueとFirebaseを使って簡単なWebサービスを作る本です。

この本を通して作るWebサービスは、マークダウン式のメモ帳です。

 

私はこれまでVueもfirebaseも触ったことがありませんでしたが、説明が丁寧なので特に途中でつまづくことなく読めました。

Vueに関してもfirebaseに関しても、この本で取り上げられているのは本当に基礎の基礎の部分なので、もちろんこの本だけではvueもfirebaseもマスターはできませんが、最初にやる本としてはかなり良かったです!

 

基本的にバックエンドはRuby on Railsを使いたいので、firebaseを使う機会は今後もあまりないと思いますが、プッシュ通知などで使うこともあるみたいなので、今回こうやって軽くでも触れられて良かったです。

firebaseは認証機能も本当に簡単に実装できるので、バックエンドをあんまり触れたくない人にはオススメです。

 

ただ、私がこの本を読んだのはfirebase目的ではなく、Vue.jsを学ぶためでした。

肝心のVue.jsですが、コードを書いてみた感じReactより若干書きやすい気がしました。

それと同時にReactに似ている部分も結構ある気がしました。(コンポーネントに分けるところとか、データの受け渡しとか。)

 

今回作ったメモアプリは非常に簡単なものなので、Vuexやvue-routerなどは使われていません。

それも簡単に感じた一つの理由かもしれません。

今後Vueをフロントで使っていくのであれば、Vuexやvue-routerも学ぶ必要があるみたいなので、明日からはその辺りの勉強もしていきます。

また、あくまで私はRailsのアプリケーションにVueを組み込むのが目標なので、RailsとVueを組み合わせるという部分の知見も必要になります。

それについての知見は全くもってゼロの状態なので、これもちゃんと調べていきます。

 

まずはRailsのviewの部分の全てをVueで置き換えるのではなく、一部分のみをVueに置き換えてみるという方針でやっていきます!!

-vue.js

Copyright© 京都の独学プログラマー , 2018 AllRights Reserved.