Webサービス

遂に自分で作ったWebサービスで収益を上げることができました!!!

投稿日:

こんにちは。じゅん(@BoNingennnN)です。

タイトルに書きましたが、遂に自分で作ったオリジナルWebサービスで収益が発生しました!!

プログラミングの勉強を始めたのが今から13ヶ月前、そして初めて自分でWebサービスをつくったのが10ヶ月前です。

それから今までに7,8個のWebサービスを作って公開しては潰して非公開としてきましたが、ようやく、本当にようやく収益が発生です!

素直に嬉しいです。

ちなみに、収益が発生したのは一番最初に作ったWebサービスです。

ショートショート」というWebサービスで、非常に単純なサービスです。

ショートショートは、今まで作ってきたWebサービスの中でも一番クオリティーが低いと言っても過言ではないのですが、なんとそんな一番クオリティーの低いWebサービスから一番最初にお金が発生しました!笑

 

「ショートショート」はただ単純にショートショート(超短編小説)を投稿できるサイトです。

プログラミングを勉強したことがある人なら分かると思いますが、機能的には本当に単純です。

そんなショートショートですが、最初のうちはほとんど投稿がありませんでした。

何度か閉鎖しようかと考えましたが、途中から徐々に投稿をしてくれる人が増えていきました。

ヘビーユーザーもいて、今ではその人達のために運営をしている感じです。

その人達のためにすこしでも改善をして、すこしでも多くの人にその人達の作品をよんでもらいたいと思って運営しています。

機能的にもデザイン的にも全然まだまだですが、仕事の合間を縫ってこれからも少しずつ改善していく予定です。

 

肝心の収益の話にもどります。

このサービスも、いままで作ってきた他のサービスも、今までは完全に赤字を垂れ流してきました。

(といっても個人の作る小さなWebサービスなのでたかが知れていますが。)

基本的にはサーバー代の分を毎月毎月払っている感じです。

 

さすがにずっと赤字なのは辛く、サーバー代ぐらいはWebサービスから稼ぎたいなあと思い、今月からそのための施策を打つことに決めました。

といっても、ただ単純にGoogleの広告をサイトに一枚貼っただけです。

小説を読む際に広告が文中に出てきたりするのは嫌なので、パソコンの場合はサイドバー、スマホの場合はフッターのあたりに広告を表示させることにしました。

誰かがその広告をクリックすると収益が発生するという仕組みです。

 

この一ヶ月でいくら収益が発生したのかですが、、、

なんとうまい棒30本分ぐらいでした!笑

サーバー代を考えると当然のことながら赤字です!!

 

でも、たったうまい棒30本分でも、めちゃくちゃ嬉しいです。

自分の作ったWebサービスを誰かが使ってくれているだけでめちゃくちゃ嬉しいのに、それに加えてお金まで貰えるなんて本当に夢のようです。(赤字です。)

ゼロから何かを生み出して、それでお金を稼げるなんて、本当に自分でもびっくりです。(赤字です。)

 

もしもっと収益が増えて黒字になれば、そのお金を使ってデザインの外注をしたり、twitter広告などをだすことだって可能です。

収益がでれば、そうやって今のユーザーの方に還元することができます。

今まではあまり真剣にお金のことを考えてきませんでしたが、今後Webサービスを作るときはもうすこしだけお金のことも考えていきたいと思います。

でも、やっぱりいちばん大事なのはユーザーの方に心地よく使ってもらうことです。

収益化に走って広告をべたべた貼りまくるようなことはしたくありません。

使ってもらえる人が心地よく使え、かつ収益も生まれる。

そんな最適解を探していきたいです。

-Webサービス

Copyright© 京都の独学プログラマー , 2018 AllRights Reserved.